医療費控除となる歯科治療の種類について

歯科治療の医療費控除対象を知ろう

歯科治療の医療費控除について

歯科治療において保険適用外の場合は、かなり負担になりますよね。 しかも最新の治療となれば、100万円以上の高額になる可能性があります。 しかし何よりも信頼できる歯科医院を選びたいですし、安心の材料を使って欲しいと思いませんか? 治療費は高い分、医療費控除で少しでも費用を抑えるために考えてみましょう。

健康保険適用外の歯科治療

医療費控除は、1月1日~12月31日までの1年間に医療費が10万円以上かかった場合、確定申告をすると所得税・住民税の一部が減額される制度のことをいいます。
計算方法は、控除額(最高200万円)=実際に1年間にかかった医療費ー生命保険や医療保険等で支給された金額ー10万円(所得金額200万円以下ならその金額の5%)となります。
医療費控除は、本人を含めて生計を共にしている親族分に対しては、合算して計算することができます。
仕送りしている子どもや両親の場合も、医療費を合計することができます。
治療にかかる検査費や治療費の他に、薬局など購入した薬や通院のための交通費(電車やバスなど)も含まれますので、チェックしておく必要がありますね。
しかし、全ての治療が医療費控除を受けられるわけではありません。
歯の治療費の場合は特に矯正歯科・インプラントなどの保険のきかないものや材料が高価なものもあり、高額(100万円以上)になるケースが多くあります。
一般的に使用されている材料ならば対象になりますが、かなり特殊なものは医療費控除にならない場合もあるのです。
美容目的の場合は、医療費控除にはならないですし、高額な医療費をローンで支払っている場合、金利や手数料なども医療費控除にはなりません。
何年にも渡ってローンを組んでいてもその年での対象のみとなります。
医療費控除にどのようなものが適応されるのか、どのように手続きをすればいいのか詳しい情報をまとめていきましょう。

おすすめリンク

評判のよい代官山の歯科

代官山で新しく通う歯科医院をお探しの方へ、評判の良い歯科医院をご紹介いたします。

医療費控除の対象の歯科治療は?

医療費控除の対象の条件は、治療用であることです。 保険適用外であっても同様のようです。 同じ歯列矯正などの治療でも治療用なのか美容目的なのかという目的別で異なるようです。 診断書や領収書などは、治療用であると記載されているのを確認することが必要ですね。

確定申告は、簡単にできます

医療費控除の対象になるものをしっかり把握し、治療にかかった交通費や薬など領収書はこまめにチェックしましょう。 矯正治療の場合は、治療が必要であることを担当医に診断書に記載してもらってしっかり主張しましょう。 医療費控除で少しでも税金が安くなると助かりますよね。