歯科治療の医療費控除について

歯列矯正治療

歯列矯正は、健康保険が適用されませんので、全額が自己負担となります。
保険が効かない自由診療は、歯科医院が料金を設定していますので医院によって料金に違いがあります。
費用は100万円以上の高額になることもありますし、長い期間の通院が必要となりますので、医療費控除したい対象となるのではないでしょうか。
美容目的にあたる歯列矯正治療は治療とは判断されませんので対象となりませんので注意して下さい。
現在発育中とされる子供の歯並びの矯正や成人の場合は噛み合わせや歯列に問題があり、改善のための治療が必要と診断された場合は、対象となります。
歯科医師に治療としての診断書を書いてもらえれば医療控除は受けることはできます。

インプラント治療

インプラントは、失った歯の代わりに人口の歯根(インプラント)を埋め込んで新しい歯をかぶせる治療法です。
入れ歯やブリッジに比べて長期の使用が可能で、見た目やかむ力なども本物の歯と変わらないということで人気の治療法です。
特別な事象以外で一般的な抜歯が原因での治療は自由診療となりますので保険が適用されません。
インプラントの種類・人口歯の種類・難易度などで費用は異なり、かなりの高額になる可能性があります。
しかし、手術が必要で、リスクを伴います。
費用が安い医院ではなく安全性のある信頼の出来る歯科医院での治療をおすすめします。
長期間に渡る場合は多いので、通院費用もかかりそうですので、医療費控除で少しでも費用をおさえたいですね。


この記事をシェアする