医療費控除の対象の歯科治療は?

医療費控除対象の歯科治療

医療費控除の対象は、虫歯・歯周病・抜歯の治療費、歯がなくなった時に行うブリッジ・インプラント・入れ歯の治療費などが主なものです。
また治療目的とされる歯列矯正などがあります。
歯石の除去については、予防目的で行われる場合は、対象外となりますが、歯周病の治療として行われる場合は対象となります。
他には処方された痛み止めの薬や、薬局で買った医薬品も治療目的のものならば対象となります。
しかし歯ブラシや歯磨き粉などは、治療目的にすすめられたものは対象となりますが、予防用の歯ブラシは対象にはなりません。
通院の為の治療費は、電車代バス台など付き添った場合も対象となりますが、マイカーでの通院のガソリン代や駐車料金は対象とはならないようです。

審美歯科医院での歯科治療

審美歯科は、美しさを目的とした歯科医療です。
クリーニングやホワイトニングで歯をきれいにみせたり、セラミックなどを歯の表面や詰め物に施したりします。
一般の歯科治療とは違い、見た目をきれいにすることが目的とされ、保険が適用されないケースが多いです。
けれども歯科矯正などの治療は、見た目だけでなく嚙み合わせを正常にする場合、ホワイトニングの場合も歯の着色を落とす方法であれば、医療控除対象になります。
審美歯科は、最新の技術で行いますので費用がかかることが多いですが、歯の色などでコンプレックスを持っている方もいらっしゃると思いますので、悩んでいるのであれば、カウンセリング時に相談してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする