確定申告は、簡単にできます

確定申告をしましょう

対象年の翌年になる2月16日~3月15日の1ヶ月間が確定申告を受け付けている期間です。
前年の1月1日~12月31日にかかった医療費をまとめておきましょう。
医療費控除を申告できるのは、有効期間は5年あり、前年以前でも所得税が還付されます。
確定申告書は税務署に取りに行くかホームページからプリントアウトします。
領収書や診断書などはきちんと保管しておきましょう。
交通費で領収書がない場合も詳細に報告すれば認めてもらえる可能性がありますので報告しましょう。
源泉徴収票で所得が200万円未満の場合は、5%が還付されます。
確定申告書へ記入して診断書・領収書を添付し、税務署へ持っていくか、郵送します。
約1ヶ月後には、還付金が支払われます。

確定申告の注意点

矯正歯科治療費については、医療費控除の対象にならない場合もありますので、税務署には、嚙み合わせが悪い為、矯正治療が必要であることをしっかり記載し、説明しましょう。
また、何年かに渡り治療がおこなわれる場合は、1年ごとに10万が引かれますので一括で支払うほうがお得になる場合が多いようです。
一括でなくてクレジットカードで支払えば、その年の医療費控除の対象になります。
共働きの場合は、どちらかがまとめて医療費控除をしたほうがお得です。
所得税率が高いほど還付金額が高くなります。
医療費を実際に100万円支払った場合、10万円を引いた90万円が対象になり、所得税率が10%なら9万円が還付され、住民税も税率10%の9万円が減額されることになります。
少しでもお得になるように確定申告をしましょう。


この記事をシェアする